こんな髪型にしようかなぁ

PROFILE

たっ

  • たっ
  • 大都会に戻ってきた。現在地 東京
  • RSS

BOOKS

こんなところにも足を伸ばしてみたい!

CATEGORY

SEARCH



お世話になってます!



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】  スポンサー広告  *   トラックバック(-)  *  コメント(-)  *  
喜ばれる土産 お茶
本日、日本から友達が到着
お土産たっぷりで、ほくほくのたったった
ジューシーで程よいすっぱさの梅干し「味梅」 A-920【おいしい顔】あおさのりの佃煮 180g(瓶入り)【南国土佐ドットコム(井口フルーツファーム)】最高級【羅臼産】辛子明太子(250g)【魚京】

亀田製菓「穂の香」缶入りせんべい【食玩・駄菓子等の卸売問屋(有)みぞた商店】皇帝合せ味噌800g【皇帝塩本舗】伊勢醤油ギフト IS-30【いい味!ヤマモリ♪】



梅干、佃煮、明太子(この記事みてくれたのかも、友感謝!)、せんべい、みそ、しょうゆ・・・




コシヒカリ「大地米」5kg【「スローライフ」のルネサンス倶楽部】 なんとお米までも・・・重かっただろうに(感謝m_ _m)(ウルウル)





中でも感激したのは緑茶 特上煎茶パック5g×200P(1kg) 【お茶・日本茶・緑茶】【伊勢丸中製茶】




上に挙げたものは、ネットで買えるのはもちろんだが、
現地購入可




お茶も買えるには買えるんだけど、
芳醇な香と味と美しい色は、まず期待できない。
お茶と名のつく色水に過ぎない。



これは、エジプトだからではなくて、以前住んでいたマレーシアでもそう。伊勢丹やジャスコがあって、緑茶も売っていたけど、満足のいくものは得られなかった。



お茶、お茶ですよ!
伊勢茶セットNo.250「特上煎茶・深むし茶 各150g」2本箱入【伊勢丸中製茶】 常滑焼急須【伊勢丸中製茶】



続きを読む
スポンサーサイト
【2006/01/31 09:41】  未分類  *   トラックバック(1)  *  コメント(0)  *  
マレーシアの友へ
>


このカードをクリックするとお友達にこのeカードを送れるよ!

その他デザインをお好みの場合にはこちら
続きを読む
【2006/01/29 11:43】  未分類  *   トラックバック(0)  *  コメント(0)  *  
サテー・カジャン
2005年大晦日の出来事

エジプトでは年末年始というのは、全く普通の日で、会社も開いているし、町で変わったことも起こらない。

日本にいたときには、必ずしも年越しそばは食べていなかったし、年末特有のテレビ番組も見ていたわけではなかった。しかし、この大晦日はなんか郷愁ムードたっぷり。

全く日本的な要素の無いエジプトで、なんか日本を感じたいと思って、年越しうどんを作ってみた。
そばは買いに行くのが面倒で、たまたまうどんが家にあったので、うどんも長いし、

まっ、いいか

ってな具合で。

日本にいたときには面倒だからと出汁なんてとったことはほとんどないのに、エジプトに来る際にはなぜか出汁パックを持ってきていた。
この出汁パックもいい加減賞味期限が切れるだろうから早く使わなきゃ(って、既に3年経ってる。気にしない、気にしない(汗))
とった出汁の味を塩、しょうゆ、砂糖で味を調えて、エジプトで売っているゴマペーストをこの出汁でといて、うどん汁は出来上がり。それにゆでたうどんをいれて、ほうれん草の茹でたのを載せて、海苔をちぎりいれ

ずるずるずるるるる・・・
はぁ~うめぇ~~

ノスタルジーに浸りきったたったったは、普段はつけないNHKをon。紅白がやっていた(が、契約していないので、画像は見えず音だけ。お、白組が勝ったか)そのうちゴーンのゆく年くる年。これは映像が見られた。雪深い神社に、参拝客。お~、みんな寒そうだ。見ているうちにこちらも寒くなってきたのでoff。

で、日本の郷愁に浸っていたのだが、突如に想いを馳せ、どうしても正月にはおせちの代わりにサテーが食べたくなって、ピーナツを砕き始めた。あと、数日でに経つって分かっているのに・・

で新年だからという理由でサテーを食べる習慣は、ありません)

(いつでも食べたいときに食べます)

ひととおり準備を終えて就寝。

年明けて、まず向かうは台所

ふっふっふ、サテー、サテー

ジュウ~

って、朝からサテーって重すぎじゃない

いやぁ、たったったは昼や夜こそろくなものを食べないが、朝はステーキやスパゲティ・ミートソースとか、時に無性に無性に食べたくなって、実際食べている・・・

部屋に満つるサテーの煙の匂い。

ふぁぁ~、う~ん、マンダム



homemadesatay.jpgsataykajang.jpg
たったった製
本場サテーカジャン


こうして新年は元気良く、幕開け

さて、右はその5日後に食べた、はカジャンのサテー。鶏肉と羊肉。
1串 鶏 50~60セン(約15~18円)
   羊 60~70セン(約18~21円)

そのほか、ウサギ、牛等いろいろあるが、その他サテーはこのページに良くお越しいただadさんのページをご覧下さい

このの焼き鳥にピーナッツソースを絡め焼き立てをほおばる。ソースには好みでサンバル(チリペースト)を加えても。そして箸休めにナシ・インピッ(ご飯を固めたもの)、きゅうりやナマの玉ねぎをつまむ。ナシ・インピッやきゅうりは頼まなくても自動的に出てくる(玉ねぎは最近注文しないと出てこなくなった)。

このカジャンという町はサテーの発祥の地と聞いたことがあるが、真意の程は???
しかし、町のいたるところにサテーはあって、カジャン近くのドライブウェイに、カジャンの町の入り口に、はては家の庭先を店代わりにしていたりと、いたるところにサテー屋が。

そのせいか町の空気は肉の焼ける甘い匂いに満ちている・・・
【2006/01/28 05:53】  未分類  *   トラックバック(1)  *  コメント(2)  *  
日本人に安くします!
今日はエジプトのお話。

yokoso.jpg


これ、ある5星ホテルに入っているジュエリー・ショップの入り口なんですが・・・

お店の人は、日本人客を得たいがためにこんなことしていて、こういうことをしている店は他にも沢山あるのですが・・・
続きを読む
【2006/01/26 10:32】  作品  *   トラックバック(0)  *  コメント(0)  *  
言葉豊かに
マレーシアの国語は、マレー語。公用語は英語となっている。
しかし、実際にマレーシアという国に足を踏み入れると、いろいろな言葉が聞こえてくる。

マレーシアの玄関、クアラルンプール国際空港(KLIA)に降り立てば

klia.jpg
上から、マレー語、英語
左から、日本語、アラビア語、中国語

これはエアシャトル乗り場なんだけど、シャトルが到着すれば「電車がまいりました・・・」と日本語のアナウンスが。

マレーシアからエジプトに飛び立った2002年は、この日本語のアナウンスはかなりなまっていて、なんだか可愛らしかった。いつ頃からだろう、なまりが殆ど無くなって、

「ぉお~!」

と思った(進化するマレーシア!)

今回の2006年1月の訪問では、中国語やアラビア語のアナウンスが頻繁に聞こえてきた。たまたまそういった言葉を使う国からのフライトが入ってきただけなのかもしれないけれど、2、3年前はマレー語と英語くらいしか放送していなかったと記憶。

たったったはカレーが好きなのでカレー屋に行くこともしばしば。ここでよく耳にするのは、タミール語。カレーを食べた帰りにぶらぶらしていれば、

tamir.jpg
ハイこのとおり!
タミール語のバナーも目にしてしまう。

今回の旅で拠点を置いていたカジャン。サテー(焼き鳥)を食べた帰りに、ぶらぶらしていると

contactlenz.jpg
中国語!

ステイ先に戻って、テレビを見ていると中国語のドラマ。なのに中国語の字幕がついている(マレー語や英語もついていて、画面の3分の一は字幕で覆われる!ことも)。

なぜ?

福建語、客家語、広東語、潮州語を話す人の多いマレーシア。ひっくるめれば皆中国語なのだが、お互いの言葉(方言)では、意思疎通不可能なほど異なるのだ。でも漢字であれば理解が可能なんだって。

contactlenz.jpg
ところで、この看板、分かりやすいく写実的なんだけど、それゆえにちょっと

コ・ワ・イ
【2006/01/25 12:15】  未分類  *   トラックバック(1)  *  コメント(2)  *  
引き戻される現実
旅から戻ってきて、旅のことをブログに書いたり、ボーっと思い出に浸っていると

ピンポーン
ピンポーン
プルルルルル・・・


一気にエジプトの現実に引き戻される。

(ちょっとぉ、待ってよ、いいところなんだから)
続きを読む
【2006/01/23 08:39】  作品  *   トラックバック(0)  *  コメント(0)  *  
犠牲祭 1月10日の出来事
すっかり忘れかけていましたが、今回のマレーシア滞在ではイスラム教の犠牲祭の日とぶつかりました(1月10日)。ステイ先の隣人が牛を犠牲にすると聞いていて、それを見物することに。


20060121121650.jpgトラックで牛さんが隣人の庭に運ばれてきました。
その家の息子さんやら近所の男たちが作業にあたります。
牛さんは力持ちで、大変な作業です。
20060121120419.jpg



20060121122046.jpg
ようやくトラックからおろす事ができました。


20060121120746.jpg
神に捧げるため、手足を縄が縛ったりともう少し作業が続きます。
牛さんを殺める人は、特別の人でその人が「ああして、こうして」と音頭をとります。


harirayahaji6.jpg特別の人「誰のために捧げるんですか」
隣人「孫息子のハフィズです」
特別の人 (孫息子の)名前を含んだ文章を読み上げる(手にしている紙がそのと思われる)
特別の人、隣人、隣人息子達、近所の人 「神は偉大なり・・・」と歌のような祈りの言葉を繰り返し繰り返し唱える。


そしてその瞬間がくる・・

牛さん「アルハムドゥリッラー」(Thanks be to God)

しばらくして、縄が解かれ、牛さんを楽にしてあげます。
命がまだあるのか分かりませんが、牛さんからは声のような音が聞かれます。

牛さんが確実に天に召された頃、牛さんは切り分けられ、近所の人や貧しい人に配られました。

私もそれをいただきました。1キロの塊のお肉で、冷蔵庫にも入れにくいので、さらに小さくするために切り分けたのですが、まだ牛さんの体温が感じられました。

牛さん、ありがとう・・・

因みにこの犠牲祭での行事には、歴史的な背景があります(動物を犠牲に捧げるのは犠牲祭の一部の行いです)。

手短にいうと、神様がイブラーヒーム(日本人にはアブラハムの呼び名で馴染みがあると思います)の信仰を試すために、イブラーヒームの息子イスマーイールを犠牲に捧げるよう啓示し、父も息子も神の啓示に従うべく、父は息子に刃をあてるのです。イブラーヒームの決心が不動なことを確認した神は、イスマーイールの代わりに天から羊を送るのです。
続きを読む
【2006/01/21 12:51】  未分類  *   トラックバック(0)  *  コメント(6)  *  
MH159に乗り、カイロからいざマレーシアへ!
到着の翌日の朝はやっぱりこれ!トーセイに直行

20060120130544.jpg

トーセイ:インド系の人がよく朝食に食べる(インド系以外の人も食している)
続きを読む
【2006/01/20 13:36】  未分類  *   トラックバック(0)  *  コメント(0)  *  
南国戻り
ただいま南国から戻りました!
早くも手がかじかみはじめています。
でも、気温は11度。日本に比べたら暖かいと言うべきなんだろうなぁ・・

ぼちぼち更新もしていきますので、もうしばらくお待ち下さい・・
【2006/01/19 09:36】  未分類  *   トラックバック(0)  *  コメント(3)  *  
夏を求めて
これから1月20日くらいまで、更新が止まります。
20日以降に再訪していただけると嬉しいです(^_^)

寒いカイロを抜け出し、常夏の南国へいってきま~す!
【2006/01/05 05:55】  ぶらぶら  *   トラックバック(0)  *  コメント(2)  *  
あけましておめでとうございます
mtmusa.jpg

シナイ山からのご来光

本年もどうぞよろしくお願いします。
【2006/01/01 02:55】  未分類  *   トラックバック(0)  *  コメント(2)  *  
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。