こんな髪型にしようかなぁ

PROFILE

たっ

  • たっ
  • 大都会に戻ってきた。現在地 東京
  • RSS

BOOKS

こんなところにも足を伸ばしてみたい!

CATEGORY

SEARCH



お世話になってます!



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】  スポンサー広告  *   トラックバック(-)  *  コメント(-)  *  
せつない胸の痛み

The Second Meeting



これまでしばらく暮らした国、ニュージーランド、マレーシアを発つときにはなかった思い・・

エジプト。特に自分を引き止める理由はない。すっごく、すっごく好きだったかといえば、いろいろとハードな面もあったので、好きな面も嫌な面もある。それはニュージーランドでもマレーシアでもそうだった。

でもなぜかエジプトは、去りがたい思いが強い

何を見ても、これが最後かも・・妙に感傷的な気持ちになる

先日コプト博物館のお披露目式にかかっていた曲。エジプトではどこかで何度となく耳にしていた曲。その式典で隣に座っていた人に「誰の曲ですか」と訊ね

オマール・ハイラット

の名を知る。

今日はラムセス・ヒルトンのショッピングセンターに。買いたいものは、新天地へのお土産で何かいいものはないかとぶらぶら。特に定まっていなかった。

そこで、CD屋が目に入る。

あっ、自分のためにオマール・ハイラットを買おう。

家に帰ってから何度も何度もオマール・ハイアット

なんかこの人の曲は「せつない」
そして、この日とはロマンチストと思わせる旋律

う~、ますますエジプトから離れたくない気持ちが強まる・・・
日本にはオマール・ハイラットのcdなんてないだろうなぁと思って、でも念のためアマゾンを検索したら出てきた。日本にはなんでもあるんだなぁ・・・
スポンサーサイト
【2006/08/06 05:52】  作品  *   トラックバック(0)  *  コメント(2)  *  
<<はじめまして! | ホーム | 音と光のショー>>
コメント
あどさん、お久しぶりです。

噛めば噛むほど・・・面白いです。確かに。駐在員などでも歴史に目覚め考古学者っぽいことをされる方が少なくありません。
 
たったったの場合も歴史ですかね・・(世界史は赤点ぎりぎりでしたが・・)。もしくはファラオの呪い!!かもしれません・・
【2006/08/09 02:08】 URL | たったった #-[ 編集]
長い歴史に育まれた、エジプトの歴史が、後ろ髪を引くのでは?
歴史のある国って、スルメみたいですよね。
その心は、噛めば噛むほど、味が出る!
【2006/08/06 17:18】 URL | あど #-[ 編集]
コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://whereveriam.blog21.fc2.com/tb.php/93-1fe3c30e
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。