こんな髪型にしようかなぁ

PROFILE

たっ

  • たっ
  • 大都会に戻ってきた。現在地 東京
  • RSS

BOOKS

こんなところにも足を伸ばしてみたい!

CATEGORY

SEARCH



お世話になってます!



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】  スポンサー広告  *   トラックバック(-)  *  コメント(-)  *  
ブリティッシュのせい
20061031044311.jpg
片道275km。日の出とともにシドニーに向かう

キャンベラに来てからマイカーによる始めての遠出
高速に乗ってからはギアチェンジもなく、ズイーン


家族の見送りの練習もかねてまずはシドニー空港へ
長~いトンネルを抜けた直後に左折しないといけない
おいおい、前置きしろよ!
道を知らない人にとってはなんとも不親切な標識

豪全体かは分からないが、だいだい標識が少なすぎる!
標識に沿ってきたが、今はちゃんと正しい道を走っているのか?と不安になることがこれまでも多かった

そして、標識があっても標識が出てから右折、左折まで案外短く、この道かなーと思っている間に道を逃すことは数度あった。

そこで気が付いた。マレーシアでも標識の位置をもっと何とかしろよ~と思ったことが何度もあったのだが、マレーシアはブリティッシュの支配を受けた国。これら標識も含めて交通システムはブリティッシュ形式なのではないかと!

そしてまたまた考えた。標識の位置を不快に感じるのは日本人だからなのではないかと。大体日本語の構造だって、述語は一番最後に置かれ、推理小説でもないかぎり、話の展開も話の最後に来なくても結末が分かるようにできている(そしてそれが安心感を与えてもいる)。第一話しに入る前にも前置きがあって、またこれが長い!!

おぅ、これはカルチャーショック!?

さて、とりあえずシドニー空港には迷わず着いてバッチグー。
朝から人の往来が激しく、さすが国際空港!と田舎もんはこころ落ち着かなかった。

それから第2の目的地であるボンダイ・ビーチへ向かう

到着したのはエジプトのアレキサンドリアを思わせる海岸、ボンダイ・ビーチ
シドニーの中心街から、2,3kmといったところかな
風が強く、のんびり甲羅干しとは行かなかった。地元の人は、何食わぬ顔でビキニ姿。
こちらは手間でかじかんできて、即刻車の中で暖をとっていたというのに!オーストラリア人は寒さに強いのかな・・
スポンサーサイト
【2006/10/31 04:45】  ぶらぶら  *   トラックバック(0)  *  コメント(0)  *  
<<ティドビンビンラ国立公園 | ホーム | クイール>>
コメント
コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://whereveriam.blog21.fc2.com/tb.php/97-4b9984e4
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。